コンセプト

スペインのクリエーター、シビラがデザインするブランド。
彼女の作品は、女性がそれを著たときに、エレガントで美しいと感じることができる服作りを基本としています。
女性に本來備わっている、獨特の美しいラインを損ねることなく、しかも動きやすく著心地の良い服を!という考えのもとに作られています。
また、あまりトレンドに左右されることなく、自由に長く組み合わせて著ることのできる服です。
シビラの服の中には、高度に洗練されたものもあれば、非常にシンプルなものもあります。
様々な表情を持つ全ての作品が、著た時に一人一人の個性としっくりなじみ、最高の美しさを発揮する服を作りたいという彼女の精神を語っているのです。

デザイナー

Sybilla
1963年 ニューヨークに生まれる。 父はアルゼンチン人、母は、ポーランド人。7歳の時、家族ともどもマドリッドに移住する。
1980年 17歳でパリに渡り2年間滯在。イヴサンローランのもとで働く。
1983年 10月、マドリッドで初めてのショーを開催。
1985年 3月にはバルセロナのガウディフェアで1985-86秋冬コレクションを発表、これがプロとしての第一歩となる。同年夏、シビラ初のシューズコレクションが店頭に並ぶ。
NUCLEO DE DOSEN 社 ( スペイン、マドリッド ) と服の生産、販売の契約を結ぶ。1986-87秋冬コレクションがプレス有名専門店など各方面から注目をあび、國際的名聲を得る基盤となる。
1987年 服とアクセサリーの販路を全世界に広げる。
春、シーツなど寢裝品の第一回コレクショを発表。
同年9月、マドリッドに初めてのブティックをオープンする。
1988年 3月、ミラノにおけるシビラ初の國際ファッションショーで1988-1989秋冬コレクションを発表。
1989年 スペインにて、シューズ、バックの製造を開始。
次いで、イタリアの製造によるニットウェア1989-90秋冬コレクションを発表。
夏、イトキン株式會社と日本向け婦人服プレタポルテの製造、販売契約を結ぶ。
1990年 4月、東京神宮室內競技場にて1990-91秋冬デビューコレクションを開催。
1991年 9月に東京南青山にブティックをオープン。バック、シューズ、ハンカチ手袋などのアクセサリーも次々と発表され、プレタポルテはもとより日本におけるビジネスは著実に拡大している。
1993年 5月には新ブランドホコモモラを発表。
今や、マドリッドから発信されるシビラの作品は全世界で販売されており、スペインモーダを擔う騎手として 世界中から常に熱いまなざしが注がれている。

ページトップへ

香蕉视频-国产精品香蕉视频在线-香蕉视频无限次观看